OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

家でフィットネス

自宅で過ごす時間が増えた今、家でできるフィットネスで体調管理しませんか?

簡単で気持ちいストレッチから大人世代にぴったりの筋トレ、話題になった「ひもトレ」など、OurAgeのエクササイズ記事をまとめてお届けします!

◆「お尻の筋肉」衰えていませんか?まずはチェック!
◆「お尻の筋肉」衰えていませんか?まずはチェック!

お尻の筋肉の衰えを放っておくと、腰痛の原因になったり、将来、歩行が困難になる場合も。まずは「お尻力チェックテスト」にトライ!

続きを読む >
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP1「緩める」
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP1「緩める」

ヒップアップ・アーティスト松尾タカシさんが、OurAge世代のために考案したエクササイズをご紹介。STEP1「緩める」からスタート。

続きを読む >
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP2「整える」
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP2「整える」

STEP2は腸腰筋を鍛えるエクササイズ。お尻を突き出すスクワットや片脚を上げる体操で腸腰筋を目覚めさせ、骨盤を前掲しやすく。

続きを読む >
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP3「鍛える」
◆お尻を鍛える3ステップ体操 STEP3「鍛える」

STEP3は、お尻まわりの筋肉をまとめて強化。1~3のSTEPをコツコツ続ければ階段の上り下りもラクラクに! 腰痛、将来の寝たきりリスクを回避しましょう。

続きを読む >
◆つらくなくて効果抜群!大人筋トレ/ベンチスクワット
◆つらくなくて効果抜群!大人筋トレ/ベンチスクワット

全身の筋肉の70%を占める下半身を鍛えるのは、やっぱりスクワット!正しいフォームで、ゆっくりと行うのがポイントです。詳しく教えてもらいました。

続きを読む >
◆つらくなくて効果抜群!大人筋トレ/リバースプランク
◆つらくなくて効果抜群!大人筋トレ/リバースプランク

姿勢を維持する背中の筋肉を鍛えれば、見た目、10歳の若返りも夢じゃない!背中の衰えに効く、リバースプランクにトライしてみましょう。

続きを読む >
◆きれいな姿勢を作ろう!/まずは骨盤をほぐす、伸ばす、鍛える
◆きれいな姿勢を作ろう!/まずは骨盤をほぐす、伸ばす、鍛える

まずは簡単なストレッチからスタートしましょう。骨盤の緊張をほぐす、イタ気持ちいいストレッチです。悪い姿勢で硬直しやすい部分を柔らかく。

続きを読む >
◆きれいな姿勢を作ろう!/猫背改善には背中上部の筋肉ほぐしを
◆きれいな姿勢を作ろう!/猫背改善には背中上部の筋肉ほぐしを

知らないうちになってしまう「猫背」。背中上部の筋肉をほぐし、本来の肩甲骨の可動域を回復させましょう。背中がぐーっと伸びて気持ちいいストレッチです。

続きを読む >
◆きれいな姿勢を作ろう!/歩き姿を美しくする「腸腰筋ストレッチ」
◆きれいな姿勢を作ろう!/歩き姿を美しくする「腸腰筋ストレッチ」

実は遠目年齢を決めるのは“歩き方”。ずり足やポテポテ歩きをしてませんか?腸腰筋をストレッチして柔軟性を高め、颯爽とした歩き方に。

続きを読む >
◆「ひもトレ」チャレンジ!/上半身を真っ直ぐに
◆「ひもトレ」チャレンジ!/上半身を真っ直ぐに

ひもをガイド役にして体を倒したり、ひねることで、手先から背中、腰までが伸びてバランスよく使われます。遊び感覚で楽しくエクササイズ!

続きを読む >
◆「ひもトレ」チャレンジ!/たすきがけで、背中をスッキリ!
◆「ひもトレ」チャレンジ!/たすきがけで、背中をスッキリ!

丸まった背中や、内側に巻いた肩が自然に元に戻るのがたすきがけ。頭痛、肩コリ、首コリにも効果が期待できます。

続きを読む >
◆呼吸改善エクササイズ/あなたは呼吸「し過ぎ」てる?
◆呼吸改善エクササイズ/あなたは呼吸「し過ぎ」てる?

最後にちょっとユニークなエクササイズを。現代人は呼吸の「し過ぎ」で不健康なのだそう。呼吸改善エクササイズの前に、まずは自分の呼吸チェックから。

続きを読む >
◆呼吸改善エクササイズ/呼吸量を「減らす」練習を!
◆呼吸改善エクササイズ/呼吸量を「減らす」練習を!

心身が緊張状態になっていると吸気優先になるため、腰が反り胸が突き出した姿勢になります。こんな姿勢を改善し、呼吸量を減らすエクササイズを。

続きを読む >